PR

お雛様を飾ってはいけない場所10選!大切な人形を傷つけないための注意点

雛人形を飾ってはいけない場所10選!大切な人形を傷つけないための注意点

1-1. 窓辺

窓辺は、雛人形を飾るのに最適な場所のように思えるかもしれませんが、実はNGスポットです。窓辺は、直射日光が当たりやすく、人形の色あせや劣化の原因になります。また、窓を開けると、風が吹き込んで人形が倒れてしまう危険性もあります。

1-2. 浴室

浴室は、湿気が多いので、雛人形を飾るのに適していません。湿気が人形に付着すると、カビや変色の原因になります。また、浴室は、温度差が激しいので、人形が傷む原因にもなります。

2-1. キッチン

キッチンは、油や煙が飛びやすく、人形が汚れてしまう危険性があります。また、キッチンは、水回りなので、湿気が多く、人形にカビや変色が生じる原因になります。

2-2. 玄関

玄関は、人や物の出入りが多い場所なので、人形が倒れたり、傷ついたりする危険性があります。また、玄関は、外から直接風が吹き込むので、人形がホコリをかぶってしまう原因にもなります。

3-1. ベランダ

ベランダは、直射日光が当たりやすく、風も強いので、人形が傷んでしまう危険性があります。また、ベランダは、鳥のフンや排気ガスなどで汚れてしまう原因にもなります。

3-2. 暖房器具の近く

暖房器具の近くは、温度が高く、人形が溶けてしまったり、変形したりする危険性があります。また、暖房器具の風が直接人形にかかると、人形が乾燥して傷んでしまいます。

4-1. 子供部屋

子供部屋は、子供が遊んだり、走り回ったりする場所なので、人形が倒れたり、傷ついたりする危険性があります。また、子供部屋は、ホコリや汚れが多いので、人形が汚れてしまう原因にもなります。

4-2. ペットのいる部屋

ペットのいる部屋は、ペットが人形をかじったり、引っ掻いたりする危険性があります。また、ペットの毛が人形に付着すると、アレルギーの原因になったり、人形を汚してしまったりする原因にもなります。

5-1. 窓の下

窓の下は、地震や台風などの災害時に、窓ガラスが割れて人形が傷つく危険性があります。また、窓の下は、直射日光が当たりやすく、人形の色あせや劣化の原因にもなります。

5-2. 火気の近く

火気の近くは、人形が燃えてしまったり、変形したりする危険性があります。また、火気の熱で人形が乾燥して傷んでしまう原因にもなります。

【「お雛様を飾ってはいけない場所10選!大切な人形を傷つけないための注意点」のまとめ】

1. 直射日光の当たる場所

直射日光は、お雛様の衣装や飾り付けを色褪せさせ、人形の顔料を劣化させる可能性があります。

2. 湿気の多い場所

湿気の多い場所では、お雛様がカビやシミの原因となることがあります。

3. ほこりの多い場所

ほこりがたまると、お雛様の衣装や飾り付けが汚れてしまいます。

4. 熱源の近く

熱源の近くでは、お雛様が熱で損傷してしまう可能性があります。

5. ペットや小さなお子様のいる場所

ペットや小さなお子様が触ってしまうと、お雛様が壊れてしまったり、汚れてしまったりする可能性があります。

6. 窓際

窓際では、外からの風が吹いてお雛様が倒れたり、埃が窓から吹き込んでお雛様が汚れたりする可能性があります。

7. 水まわり

水回りは湿気が多く、カビやシミの原因となることがあります。

8. 玄関

玄関は、外から人が出入りする場所なので、お雛様の飾りが汚れてしまう可能性があります。

9. 押し入れ

押し入れは、湿気が多く、ほこりもたまりやすいため、お雛様の飾りが汚れてしまう可能性があります。

10. 屋根裏

屋根裏は、湿気や熱がこもりやすいため、お雛様の飾りが損傷してしまう可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました